住宅用地の範囲

2012/06/09 09:24

住宅用地に対する課税標準の特例では
小規模住宅用地と一般住宅用地
があります

具体的に事例を挙げて
ご説明いたします



・住宅戸数2戸の長屋の専用住宅
・敷地面積800㎡
・家の面積は220㎡

この場合、住宅用地の
取り扱いはどのようになるでしょうか?


答えは…
この事例の家屋は専用住宅であり
その床面積の10倍(220㎡×10)までを
限度として住宅用地とされるので
この場合は800㎡全部が住宅用地となります。
また、住宅用地の面積が200㎡を超え
住居戸数が2戸ですので、400㎡部分
(200㎡×2)が小規模住宅用地となり
残りの400㎡分(800㎡-400㎡)が
一般住宅用地となります


企画課
中島

 | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

さるでもわかる不動産と税金②----登録免許税-----

2012/05/27 09:31

企画の田中です

第二回目 税金のお勉強



「登録免許税」



一般の方には聞き慣れない言葉です

消費税などは日頃から払っている機会が多いのですが、登録免許税となると・・・

なかなか触れる機会がございません



これは、どんな時にかかる税金かと・・・


新築住宅の所有権保存登記、

土地の所有権保存登記、

ローンの抵当権設定登記などに課税されます



その前に所有権保存登記???って?

まず、ここからですね↓

「所有権保存登記」って?

住宅などを新築した人が、初めにする所有権についての登記を、所有権保存登記と呼びます。

保存登記は、「最初の登記」というわけです。

この所有権保存登記をすることで、その建物や土地の所有者が自分であることを主張できます。

ただ建物の所有権保存登記だけは、土地家屋調査士による「建物表題登記」が完了している必要があります。

この「表題登記」は、場所や大きさ・形状などを現す登記です。


「建物表題登記」は1ヶ月以内に登記しないと過料10万円があります。

それとは違い、所有権保存登記を施すかどうかは「任意」なのです。


ただ実際には、金融機関の住宅ローンをご利用する場合は、

担保(抵当権)を設定する為に所有権保存登記をするケースが一般的です。



と、寄り道してしまいました。

では本題に。


その登記をする時にかかる税金の税率は



税率1


マイホームの場合など特例で軽減がありますが、

注意しないといけなのが、投資物件の中古のマンションやアパートをを購入したときなどの所有権の移転登記。

2.0%です。

3000万円の物件を買って所有権の移転をすると登録免許税で60万円です。

きちんと事業計画資金に予定しましょう。



ではマイホームの所有権の登記の軽減措置です。


「登録免許税の軽減条件」


1・所有者自身が住むためのものであること

2・住宅専用であること(90%以上が住宅部分)

3・床面積が50㎡以上であること

4・新築後または取得後1年以内の登記であること

5・建物が耐火建築物の場合、築後25年以内、木造などの非耐火建築分の場合、築後20年以内の建物であること




以上の条件を満たした建物は、マイホームの特例の税率が使えます。




次にローンの抵当権の設定登記は銀行からの借入れ金額に0.4%の税率になります。

3000万円を借りた場合、12万円ですね。


これも、上記の軽減条件をみたしているものは0.1%になります。

3000万円の借入れで 3万円。ちょっとホッとします。



では、最後に・・・

税率をかける建物の価格は、建築費ではありませので ご安心を。

中古であれば固定資産税の評価額、新築であれば建築費の6割前後です。



次回の「さるでもわかる不動産の税金」のお勉強は 「不動産取得税」

不動産っていろいろな税金があるのですね。

なじみが薄いかとは思いますが色々覚えていきましょう。





 | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

定期借地権の保証金について

2012/05/25 08:21

こんにちは

定期借地権で

保証金を受け取った場合

税金はどうなるのでしょうか?




定期借地権の設定で受け取る

保証金は、定期借地期間が満了して

土地の返還を受けるときには

返還するものですから、保証金を

受け取ったことによる課税関係は

生じませんが、無利子の保証金を

預かることによって、地主様が

利息相当分を得することになります。

そこで、地主様に対して、その得した分が

毎年どのように所得税の課税対象に

なるかという問題が生じてきます。

その保証金の経済的利益(利息相当分)

に係る所得税の課税関係は

その運用方法によって違います。


①保証金を預貯金・公社債などの
金融資産として運用している場合

→課税なし

②その保証金を不動産所得とか事業所得
などの資金として運用している場合

→課税なし

③その他の場合
(自宅の新築や生活費に充てる場合など)

→保証金に適正な利率を乗じた利息相当額を
不動産所得の収入金額として計上する


以上


企画課 中島

 | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

さるでもわかる「不動産と税金」 その1

2012/05/12 11:16

企画の田中です。

土地やマイホームを買ったり売ったりすることは、一生の間にそう何回もあることではありませんよね。
私も始めて、中古のマンションを買ったとき、初めてこんな税金もかかるのだあ・・・と思ったものです。

土地やマイホームを買ったとき、どんな税金がかかるのか、以下の5回にわたってお伝えしていきます。


1・印紙税

2・登録免許税

3・不動産取得税

4・住宅ローン控除等

5・贈与税





では、第一回目 「印紙税」について

一般の方でも、印紙税は結構身近に感じるものです。

ちょっとした買い物をすると、領収書に印紙が貼ってあるのを見たことがあると思います。

あれ、税金です。。。


土地や建物を購入するときも売買契約書、

マイホームの建築請負契約書、

ローン利用の際の金銭消費賃借契約などの契約書を作成したときにかかります。


・税額 ↓ 記載された金額によって下の表のように決まっており、

収入印紙を契約書に貼って、署名または押印をすれば納税したことになります。



content_20120513110403.jpg



収入印紙は、契約書ごとに貼らなければなりませんが、二通契約書を作成するときは

当事者が1通ずつの負担になります。





※ もし、印紙を貼らないと??

印紙を貼らなかったときは、過怠税を含め必要な印紙税額の3倍を納めなければなりません。

また、印紙を貼ったけれど、押印をしなかったと時には適正な印紙税額と同額の過怠税がかかります。



※ 印紙税がかからないときは??

一般の人が営業と関係なく発行した領収書や 3万円未満の領収書には印紙税がかかりません。



※印紙がない契約書は??

印紙が貼っていなくても、契約書の効力に何ら変わりはありません。



※外国で作成される契約書にもかかるの??


印紙税法は日本の国内法ですから、その適用地域は日本国内に限られることになります。

契約書の作成が国外で行われる場合には、印紙税は課税されません。

その契約書を日本で保管していてもかかりません。




次回は、 「登録免許税」に関してです。

 | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

サラリーマンの投資用マンション

2012/04/09 12:44

サイドビジネスとしての
不動産賃貸により
赤字が出る原因の主なものは
銀行など金融機関から借り入れをして
土地建物を購入した場合。
初めのうちは借入金利子や
建物等の減価償却が
多額に上るため、それらの必要経費が
賃料収入を上回るからです。

このところ、この赤字を覚悟の投資用
ワンルームマンションんの購入が
サラリーマンの間でもブームを
呼びました。
つまり、赤字を計画に
練りこんだ節税を兼ねた財産形成方法としての
購入だったわけです。

その後政府のバブル経済抑制策の一環により、
不動産取得の赤字のうち一定額は
損益通算できないことになったので
注意してください。
一定額とは不動産所得の赤字の金額と
不動産所得の必要経費に算入した
土地等にかかる借りれ金利子の
額額とのいずれか少ない金額
をさします。



以上

 | コメント : 0  | トラックバック : 0 |