Category: 税  1/2

住宅用地の範囲

No image

住宅用地に対する課税標準の特例では小規模住宅用地と一般住宅用地があります具体的に事例を挙げてご説明いたします例・住宅戸数2戸の長屋の専用住宅・敷地面積800㎡・家の面積は220㎡この場合、住宅用地の取り扱いはどのようになるでしょうか?答えは…この事例の家屋は専用住宅でありその床面積の10倍(220㎡×10)までを限度として住宅用地とされるのでこの場合は800㎡全部が住宅用地となります。また、住宅用地の面積が200㎡を超...

  •  0
  •  0

さるでもわかる不動産と税金②----登録免許税-----

企画の田中です第二回目 税金のお勉強「登録免許税」一般の方には聞き慣れない言葉です消費税などは日頃から払っている機会が多いのですが、登録免許税となると・・・なかなか触れる機会がございませんこれは、どんな時にかかる税金かと・・・新築住宅の所有権保存登記、土地の所有権保存登記、ローンの抵当権設定登記などに課税されますその前に所有権保存登記???って?まず、ここからですね↓「所有権保存登記」って?住宅などを...

  •  0
  •  0

定期借地権の保証金について

No image

こんにちは定期借地権で保証金を受け取った場合税金はどうなるのでしょうか?定期借地権の設定で受け取る保証金は、定期借地期間が満了して土地の返還を受けるときには返還するものですから、保証金を受け取ったことによる課税関係は生じませんが、無利子の保証金を預かることによって、地主様が利息相当分を得することになります。そこで、地主様に対して、その得した分が毎年どのように所得税の課税対象になるかという問題が生じ...

  •  0
  •  0

さるでもわかる「不動産と税金」 その1

企画の田中です。土地やマイホームを買ったり売ったりすることは、一生の間にそう何回もあることではありませんよね。私も始めて、中古のマンションを買ったとき、初めてこんな税金もかかるのだあ・・・と思ったものです。土地やマイホームを買ったとき、どんな税金がかかるのか、以下の5回にわたってお伝えしていきます。1・印紙税2・登録免許税3・不動産取得税4・住宅ローン控除等5・贈与税では、第一回目 「印紙税」につ...

  •  0
  •  0

サラリーマンの投資用マンション

No image

サイドビジネスとしての不動産賃貸により赤字が出る原因の主なものは銀行など金融機関から借り入れをして土地建物を購入した場合。初めのうちは借入金利子や建物等の減価償却が多額に上るため、それらの必要経費が賃料収入を上回るからです。このところ、この赤字を覚悟の投資用ワンルームマンションんの購入がサラリーマンの間でもブームを呼びました。つまり、赤字を計画に練りこんだ節税を兼ねた財産形成方法としての購入だった...

  •  0
  •  0