梅雨 


こんにちは、三本木です。

そろそろ、梅雨入りしますね~
湿気の多い日が予想されます。。。。。

実は香りと湿気について関係が密接という豆知識があります

同じ香水のはずなのに、日によってかおりが違うと感じたことはありませんか?
香りはとてもデリケートで、湿度によって感じ方が変わるものです。

同じ量の香水をつけても、空気が湿っている時は、
かわいている時に比べると、香りがより強く重く感じられます。
また、香りの持続時間、残る時間も長くなります。
つまり、雨の日など湿度が高い日の場合、
いつもと同じ量をつけてしまうと「つけ過ぎ」になるわけです。
湿度の高い梅雨の季節は、足りないと思う程度でちょうどいい分量です。
気温が高い時や人が集まっている場所でも、香りは強まる傾向があります。

天気に合わせて、香りの種類を変えるのもいいでしょう。
オーデコロンの方が香水よりも軽く、梅雨時には向いています。
また、何となく元気が出ない梅雨空には、
シトラス[柑橘]やグリーン系のさわやかな香りが元気をくれます。

香りの感じ方は個人差が大きいものです。
自分では控えめと思っていても、強いと感じるひとがいるかもしれません。
TPO(ティー・ピー・オー)をしっかり考えて、香りを楽しめるような大人になりたいですね。

0 Comments

Leave a comment