こんにちは、三本木です。

今日は、雷についての豆知識を紹介したいと思います。

関東で雷が発生する時間帯は、午後が一番多くなっています。

関東は、夏が1年中で最も雷の多い季節です。夏に雷が多い主な理由としては、地上付近の気温が高くなり、大気の状態が不安定になりやすいことがあげられます。気温が高くなればなるほど、大気の状態は不安定になり、にわか雨や雷雨が起こりやすくなります。このため、気温がまだ低い朝や午前は、雷はそれほど発生しません。1日で最も気温の高い午後の時間帯に、雷が最も多く発生します。

夜になって地上付近の気温が下がると、大気の状態は次第に安定します。このため、にわか雨や雷雨は午後よりも起こりにくくなります。

0 Comments

Leave a comment