時事ネタ 

こんにちは!
売買の小澤です!

ここ最近の時事ネタといえばアメリカの大統領が不動産王のドナルド・トランプ氏に決まったことだと思います。

メディアでは決定した後「抗議デモがすごく反対派多数!!」みたいに煽っていますが、実際にネットで調査した結果はトランプが大統領に賛成は80%くらいと、逆の結果になっているみたいです。

日本と同じでメディアが扇動して悪い方向へ寄せている感があり、どこでもいっしょなんだなと思いました。

そんなトランプ氏ですが、私が大好きな映画の悪役のモデルになっているみたいです。

その悪役がこちら・・・・・・

biff.png

バック・トゥ・ザ・フューチャーの「ビフ・タネン」です。

バック・トゥ・ザ・フューチャーは、主人公「マーティー・マクフライ」が「エメット・ブラウン博士」の開発したタイムマシンのデロリアンに乗り、ビフが過去や未来で暗躍している所から上手く時代を修正してハッピーエンドを迎えるSF映画なのですが、その映画の2作目にて、未来のビフ・タネンが大統領になっている世界があるのです。

その参考になっているのがトランプ氏というのが、最近になって監督が認めたという事でした。


バック・トゥ・ザ・フューチャーは80年代の映画ながら、未来世界編に出てくる物が現代の物と酷似しており、予知していると有名ですが、ここでまたトランプ氏が大統領になるという事を予知したとしてまた有名になりました。

物語の大統領はかなりに暗黒時代を迎えており、アメリカ人はその辺りも予知しているのでは!?と危惧しているみたいですが、実際のトランプ氏はどうなのでしょうか?

今後のアメリカの動向が楽しみです。

SID0021126.jpg



0 Comments

Leave a comment