不動産投資のリスクは・・・ 

こんにちは。企画の田中です。


先日、地主様から相続税対策についてご相談がありました。
色々な営業がきて、相続税対策に賃貸を建てろというけれど、なぜ賃貸を建てると相続税対策になるの?
リスクは?とご質問を受けました。

そこで、アパートやマンションを建築する又は購入することは、相続税額を下げることだけを考えると非常に有用ですが、不動産投資についてはリスクがあることも知っておいていただけるようお話をしました。

リスクを理解したうえで不動産投資をしましよう。


「デメリット」


その①換金に時間がかかる

一度建てた物件はその時点から中古になり売却価格が下がっていきます。
投資用の不動産は売却が目的ではなく持ち続けることが大前提です。
従って一度購入や建築をしてしまうと非常に後戻りが難しい投資と言えます。
そして、金や株と比べると換金するのに時間がかかります。



その②空室リスクがある

当然ですが、部屋が空いている場合には賃料は入ってきません。
賃貸物件はまずは立地が重要です。
空室がすぐに埋まる人気地域であることや、住み心地が良い造りにすることが空室リスクを減少させます。



その③金利が上昇するリスクがある

ローンで建築又は購入をした場合、金利が上昇すると毎月の返済額が増加し、その分手元に残るお金が少なくなります。
現在の金利水準は非常に低いですが、景気の回復とともに金利は上昇する可能性を秘めています。



「メリット」




①ローンの利用が可能

株や投資信託の購入資金で銀行が融資することはまずありません。
自己資金を100%投入しなければなりません。
しかし不動産投資でしたら 10% から20% の自己資金を用意すれば融資は行われます。
ローンが利用できるということはそれだけ手堅い投資と銀行は考えている証拠です。



②少ない労力で済む

不動産投資の業務は物件の入居希望者を探すことから、維持管理のメンテナンスまで全て不動産業者に任せることが可能です。
もちろん古郡ホームで一切の手続きをしていきます。
入居後の管理も多少の経費をはらえば一切労力をかけることがありません。
利益を上げるための仕組みが完成しています。
そのため自分の時間を削らずに少ない労力で利益を得られる投資だと言えます。



不動産投資には良い所も悪いところもありますが、リスクを理解したうえで行って下さい。

0 Comments

Leave a comment