借地権のメリットは? 

借地権の売買というと、なんとなく煩雑な感じがするせいか

借地権の売買はあまり流通していないのが、現実です。

しかし、東京地区では、昭和38年頃は持ち家の約47%を

借地権が占めていたそうです。現在でも約14%の借地権が存在しているそうです。



煩雑な感じがする借地権ですが、しっかりと理解すれば

場合によっては所有権に勝る投資メリットを享受できることがあります


今日はその投資メリットの一つを紹介します。


所有権に比べて、借地権は流通価格が安い」ことです。

投資の観点から考えると、価格が安いということは投資利回りや、

収益性が高くなるということです。

例えば、更地で坪50万円の土地があり、借地権割合が60%の場合

借地権価格は坪30万円ですが、実際に取引される価格は、坪20万円位で

売り出されるのが普通です。



ではなぜ、価格が低くなってしまうのか・・・


下記の3つが影響してます

1.そもそも購入希望者が少ない、需要が少ない
2.担保評価が低いため銀行から融資を受けにくい
3.供給が少なく特殊性が強い

次回は他のメリットをお教えします、お楽しみに

0 Comments

Leave a comment